ブランク

シミができる原因は、過剰に生成され、排出され切れずに残ってしまったメラニンですが
そのメラニンが過剰に生成される最大の原因は紫外線です。

紫外線だけではなくストレスや大気汚染といった肌へのダメージが原因となり、肌の表面では活性酸素が発生します。
活性酸素は肌を老化させてしまったり、病気の原因となる物質として知られています。

肌は活性酸素の発生を防ぐために肌の一番底である基底層にある色素形成細胞であるメラノサイトへ「肌にダメージを受けている」という情報を送ります。
この情報を受けて酵素のチシロナーゼが活性化してチシロンを作り出します。
これは出来上がったばかりのメラニン色素のことで、出来上がった時には黒い色素はついていないのですが、チシロナーゼの活発化によって黒いメラニン色素へと変化してしまいます。

黒いメラニン色素はメラノサイトの内部で活性化したチシロナーゼが活性酸素を分解・吸収して出来上がった物です。
そしてメラニン色素によって黒くなった肌の細胞が肌のターンオーバーに伴って肌の表面に出ることで、紫外線を跳ね返す役割をはたしているのです。
それにより肌細胞の核の中にあるDNAが傷ついて皮膚が壊死したり皮膚がんになるのを防いでいるのです。

通常はメラニン色素は肌のターンオーバーに従って肌の表面に現れて垢として落ちていくのですが、紫外線を過剰に受けてしまったり、大気汚染にさらされているなど肌にダメージを与え続けているとメラニン色素は過剰に生成され続けてしまうた、排出しきれないメラニン色素が肌に残り、シミになってしまうのです。
また、常にストレスを抱えているなどで肌のターンオーバーが乱れてしまうと本来なら垢となって落ちるはずの表皮がいつまでも肌に残ってしまうため、メラニンの排出が遅くなってしまいます。
これもまたシミを作ってしまう原因の一つだとも言われています。

美容の点からいえばシミは悪いものだと思ってしまいがちですが、実際には肌を守るための防御反応ともいえるのです。

>>TOPへ

>>美白美容液&美白化粧水~2016おすすめ美白化粧品ランキング!