ブランク

できてしまったニキビ、うっかりつぶしてしまってニキビ跡が残ってしまい、なかなか消えずにお悩みの方もいらっしゃると思います。
そんなときには、シミ用の美白美容液の使用が効果的です。

シミは紫外線などの刺激によって作られるメラニンという色素の形成によって起こります。
通常は肌のターンオーバーによってはがれ落ち、消えていくのですが、老化や過労などのストレスでそのターンオーバーがうまく働かないと、ずっと肌表面にメラニン色素が残ったままの状態となり、シミになってしまいます。

ニキビ跡の原因もそれと同じなのです。
ニキビができるとその周辺の皮膚は炎症を起こします。
炎症がおさまったあとも毛細血管から血がにじみ出ることによって赤みが残ってしまうことがあります。
ニキビによって皮膚が薄くなり赤みを帯びているところに紫外線を浴びてしまうと、メラニンによる色素沈着が起こり、茶色っぽいしみのようになって残ってしまうのです。

このような場合に効果が期待できるのが美白美容液などの美白化粧品です。
美白化粧品には様々な成分が含まれています。
よく用いられているのはビタミンC誘導体・トラネキサム酸・ハイドロキノン・トレチノインといった有効成分です。
これらにはメラニンの生成を抑える働きや、皮膚のターンオーバーを早めて、メラニン色素を排出させる効果があります。

美白化粧水・美白乳液などで全体的にケアをしたあと、気になる部位に美白美容液をスポット使いするのがおすすめです。
即効性があるわけではありませんが、継続して使っていくことでシミやニキビ跡を薄く目立たなくすることができます。
またメラニンの生成を抑えているため、紫外線によって肌の奥深くにダメージを受けてしまったり、日焼けして赤みが出てしまったりすることもあるので、日焼け止めをしっかり塗り、日傘や帽子で紫外線をブロックするケアが必要です。

また化粧品でのケアに加えて、食事やサプリメントからもビタミンCやビタミンE、βカロテンなどを摂取することで肌のターンオーバーを促すことができます。

気になるニキビ跡を早く治して、美肌を手に入れましょう。

>>TOPへ

>>美白美容液&美白化粧水~2016おすすめ美白化粧品ランキング!