ブランク

高価な美白化粧水や美容液を使用していても、いまいち効果を実感できない。
そんな人も多くいるのではないでしょうか。
美白には外側からのケアも大事ですが、内側からのケアも非常に大切です。

美白に効果的な栄養素をとってこれから紫外線の強い夏に向けてより綺麗な肌を目指しましょう。

まず、美白と言えば一番最初に出てくる栄養素がビタミンCです。
この栄養素は美肌の大敵であるシミの要因となるメラニン色素の生成を抑え、なコラーゲンの生成を補助してくれます。
また、ビタミンCは抗酸化作用もあるため、紫外線による肌の酸化止め、老化を防ぎます。
まさに、紫外線が強い夏にこそ積極的に摂取したい栄養素ですね。

このビタミンCを多く含む食物はレモン・ミカン・キウイ ・紫蘇などです。
また、ビタミンCは水溶性で、熱や酸化にとても弱いので 皮を剥いたらすぐに生で食べると良いと考えられます。
加熱したい場合は、油でさっと炒め調理時間を短くするか、スープや味噌汁の具に加えるなどして汁ごと飲むのが望ましいでしょう。

ビタミンCは水溶性のため、1度に大量に摂取しても、必要量以外は尿として体外に排出されてしまいます。
そのため、数回に分けて摂取する事が望ましいと考えられます。

また、 レモンや蜜柑等の柑橘類に含まれているビタミンPはビタミンCと同時に摂取する事によりビタミンCの破壊を防ぎます。

また、シミ・シワといった肌の老化の原因であ活性酸素の生成と過酸化脂質の生成を抑える働きがあるビタミンEには、肌の血行を促進して、新陳代謝を高め、肌の再生をサポートする効果があります。
ビタミンCと一緒に摂取することでシミ・そばかすに更に効果的であると言われています。
ビタミンEが多く含まれる食物はキウイ・アーモンド・南瓜・胡麻などです。

内側からも美白効果のある食物を取り入れてより白く輝く肌を手に入れてください。

>>TOPへ

>>美白美容液&美白化粧水~2016おすすめ美白化粧品ランキング!