ブランク

美白化粧品(美白美容液・美白化粧水)には海外製のものと日本製のものがあります。
現在では、ネット通販を利用して海外製品を手軽に購入することもできますが、同じ美白美容液でも海外製と日本製では大きな違いがあるので、使用する際には注意が必要です。

まず基本としておさえておかなければならないのが、海外と日本では肌質に違いがあるということです。
また、気候や洗顔に使用する水の違いなどの要因もあるので、海外と日本では化粧品に求められるポイントに違いがあります。
よって、海外で肌への刺激が少ない美白美容液という評価を受けていても、日本人の肌質には合わないというケースも考えられます。

そして、使われている成分と配合量も、海外製と日本製の大きな違いです。
化粧品に含まれる成分に対する安全基準は国によって異なるので、海外製の美白美容液には日本では認可されていない成分が含まれている場合があります。
海外の人にとっては問題のない成分でも、日本人が使用すると肌トラブルが発生してしまうケースもあります。
それを避ける為には日本向けに処方し直されたものを選ぶことがおすすめです。

そのように日本向けに処方し直された製品は、海外製であっても日本国内で認可された成分のみが配合されているので、安心して使うことができます。
配合されている有効成分量に関しては、一般的に日本製の方が少なめに抑えられている傾向があります。

有効成分の配合量が多ければ、その分高い効果を期待することができますが、その一方で刺激が強くなり肌トラブルのリスクも高まります。
美白美容液の刺激で肌トラブルを起こしてしまっては本末転倒です。
従って、より安全性を重視する場合は日本製を選ぶのが良いでしょう。

ブランドのステータスなどから海外製の化粧品を好む人も少なくありませんが、やはり化粧品の場合は安心して使えるか否かが最も重要となります。
美白美容液を選ぶ際には、まず日本人の肌質に合った成分が配合された、日本製のものに注目するのが良いでしょう。

>>TOPへ

>>美白美容液&美白化粧水~2016おすすめ美白化粧品ランキング!